XM口座は まず「有効化」しないとならない。

すでに、口座開設の大部分(8割くらい)は完成しているので残りの2割の「口座の有効化」について分かり易く解説します。

実をいうと、XMでは口座の有効化をする前であっても、20万円以下の入金であればすぐにトレードを始められます。

ですので、すぐに試してみるのも良いでしょう。しかし、有効化しないと出金が出来ません。

めんどくさいので後回しにするくらいしかメリットはないので、最初に有効化しておくのが堅実です。

口座の有効化=本人確認

「有効化」とは、つまり「本人確認」のことです。
XM Tradingは、セーシェル金融庁(FSA)により認可・承認を受けている信頼できる金融業者です。

金融業者は、金融商品取引における法律規定により、利用者から本人確認書類を取得することが義務付けられているため、本人確認書類をアップロードする必要があります。

有効化に使うデバイスはパソコンでもスマホでもOK

XM Tradingで入出金のできる取引を開始するには、先に述べたように本人確認書類をアップロードする必要があります。
XM Tradingは、国内とは違い、パソコンでも、スマートフォンだけしか持たない方でも有効化が可能です。

本人確認書類のアップロード

まずは、XM Trading公式サイトへ移動します。
画面の上にある「会員ログイン」ボタンをクリックしてください。

リアル口座開設した際のログインIDとパスワードを入力します。

『今すぐ口座を有効化する』か『書類のアップロード』のどちらかをクリックします。

ここで、本人確認書類をアップします。
本人確認書類では、身分証明書住所証明書の2通が必要となります。

また、書類は画像やPDFでアップロード可能で最大サイズは4MBまでなので、スマホで撮影した写真かスキャンしたPDFが手早いかと思います。
万が一、ファイルサイズが大き過ぎる場合には、以下のサイトで圧縮が可能です。

PDF圧縮
JPG圧縮

証明書に使える書類は?

次に、証明書に使える書類について説明します。

1)身分証明(顔写真付きの身分証明書)…下記のいずれか1点
・写真付きの身分証明書 写真付きの公的機関発行の身分証であればこれ以外でも審査を受けられます。
(パスポート、運転免許証、マイナンバーカード(マイナンバー通知カードはNG)他)
2)住所証明…下記のいずれか1点・健康保険証(裏面に住所が書いてあるものはNG)
・水道、電気、ガス、固定電話、携帯電話、クレジットカードなどの利用明細/領収書(住所が書いてあるもの)
・住民票の写し ※市役所より3カ月以内に発行されたものの原本を撮影またはスキャンしたもの

1と2の画像またはPDFファイルを用意し、「参照」ボタンからファイルを選択しアップロードします。
画像はカラーで鮮明なものを用意してください。途中で文字が途切れていたり、画質が荒すぎて読めなかったりすると、受け付けてもらえないので注意が必要です。

自分の場合、ワイモバイル(ソフトバンク)のiPhoneを使っておりマイページからダウンロードした請求書に住所の記載があったため

これをJPEG画像にしてアップロードしたところ、翌朝には完了しておりました。

以上で、XM口座有効化は完了です。おつかれさまでした!

作業完了から実稼働までのタイムラグについて

作業を完了してから、口座承認までは審査員がアナログで行っているため、多少時間がかかります。
目安としては平日であれば数時間~1営業日、土日を挟むと3営業日ほどで口座が有効化されます。

口座開設ボーナスステージも忘れずクリア!

本人確認書類提出が完了し、XM Trading口座が有効化されると、「マイページ」「3,000円のボーナス受け取り請求ボタン」が表示されるようになります。
これは、口座開設のボーナスです。

30日以内に請求しないとボーナスが消滅してしまうので、ここは必ず押さえておいてください。

リアル取引口座を開設する