自分を大切にする生き方に違和感を感じていませんか?

スポンサーリンク
メンタル
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

「自分を大切に生きよう!」という趣旨の本は、多くの人々にとってモチベーションの源泉となり、自己改善の旅を始めるきっかけを提供します。
しかし、一部の読者にとっては、これらの本が提唱する「自分を好きになる」「自分を大切にする」というメッセージが、逆に違和感を引き起こすことがあります。

そしてこの違和感の根底には、劣等感が潜んでいることが多いのです。
現在のあなたが、劣等感、罪悪感、恥、怒りが強い状態で「自分を大切にしなきゃ!」と思うと
まるで、「ボロボロの長靴を宝物のように受け入れて大切に扱うこと」のように感じてはいませんか?

劣等感は、自己評価が低く、他人と比較していないときでも自分が劣っていると感じる心理状態です。
自分なんかが・・・というフレーズが口癖になっていたら要注意!
これは、幼少期からの経験、育った環境、社会的な圧力など、さまざまな要因によって形成されるもので
劣等感を抱える人々は、自己啓発本にあるような自分を大切にする生き方のポジティブなメッセージを受け入れることが難しく
自分を大事にすることに強い抵抗を感じることがあります。

まずは、フラワーエッセンスとFAP療法の組み合わせで劣等感、罪悪感、恥、怒りの改善からスタートしてみるのはいかがでしょうか?

フラワーエッセンスとは植物のエネルギーを水に転写したもので、否定的な感情を解消する中和剤のような働きをしてくれるセラピーです。
希釈しても大きく効果が変わることがないので、水と数種類のエッセンスを一本のボトルに入れて使えるようにトリートメントボトルを作成して使うことも可能です。

EMDR、TFT、FAP療法とも相性が良くトラウマ解消のセラピーの直後にフラワーエッセンス(レメディ)を摂取すると
セラピー後の良い状態が定着しやすいとも言われております。

ちまたの自分を大切にする生き方で提案される自己受容のプロセスは、自分をありのまま認識し、それらを受け入れることからがスタートです。
しかし、根深い劣等感を持つ人にとっては、自分を受け入れることは
自分を「劣等な存在」として認めることに等しく感じ自分を大切にする生き方に対する違和感を生み出します。
このジレンマを解決するためには、自己受容より先に、劣等感の原因を理解しそれに対処していく順番が重要です。

最終的に、自分自身と向き合い、自分を愛することができ自分自身の可能性を最大限に引き出すための第一歩になることを切に願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました